祇園・東山エリア

河井寛次郎記念館

ジャンル
  • 美術
施設情報
河井寬次郎記念館は、大正から昭和にかけて京都を拠点に活動した陶工・河井寬次郎(1890-1966)の住まい兼仕事場を公開したものです。
京町家風の外観と、内部のどっしりと重厚なつくりを合わせもつ建物は、昭和12年に寛次郎自らの設計により建てられ、家具や調度類も寛次郎のデザイン、または蒐集によるもの。生前の生活の雰囲気をそのまま伝えるかのような空間に、寛次郎の陶芸、木彫、金工、書など数々の作品がさりげなく展示されています。また、仕事場でもあった陶房、窯も当時の姿のまま現在に伝わります。
「暮しが仕事 仕事が暮し」の言葉を残した河井寛次郎の、まさに暮らしの息づかいが感じられる記念館です。

外観

記念館(囲炉裏場)

-施設情報

開館時間
10:00~17:00
※入館は16:30まで
休館日
・月曜日(祝日の場合はその翌日) ・夏期休館(8/11~20頃) ・冬期休館(12/24~1/7頃)
入館料/入場料
大人900円
高・大学生500円
小・中学生300円
年間パス 3,000円
問合せ先
TEL/FAX:075-561-3585
所在地
〒605-0875
京都市東山区五条坂鐘鋳町569
アクセス
【電車でお越しの方】
京阪電車「清水五条」駅下車2号階段出口より東へ徒歩10分
【バスでお越しの方】
・市バス206・207系統「馬町」下車徒歩1分
・洛バス100号「五条坂」下車徒歩4分
管理運営
URL
http://www.kanjiro.jp
駐車場
なし
カフェ
備考
※現在の内容と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。
一覧に戻る