京菓子展 一席一菓 あつらえのかたち

ジャンル
  • 美術
  • 伝統
形 態
  • 展覧会
京菓子は、一席一菓。
一席ごとに、相手を思い、自然との対話を繰り返しつつ、その日、その時、その場所、その人だけのために作られる「食べる芸術」です。本展は、これまで公募展として開催してきた「京菓子展」10周年を記念し、特別展として開催するものです。さまざまな分野で活躍する9名が、茶席における「亭主」となり、職人と対話しながら 、大切なお客さまを迎えるための菓子をあつらえます。京菓子を通して、人と人との間に紡がれる「ものがたり」が、日本文化の本質を見つめ直すきっかけになることを願っています。

亭主 - 客 - 職人が紡ぐ「ものがたり」を味わう
菓子文化が育まれた場である数寄屋建築の座敷で、抹茶とともに作品を召し上がっていただくことができます。京菓子は、亭主と職人が紡ぐ「ものがたり」を、食べる人(客)が読み解くことで完成する芸術です。本展でしか味わえない特別な菓子をお楽しみください。

<亭主 × 菓子職人>
- 天野 喜孝(画家/イラストレーター) × 植村 健士(有職菓子御調進所 老松/京菓子展 2018年 大賞 ほか)
- 池坊 専宗(華道家/写真家) × 塩貝 祥代(学校法人大和学園講師/京菓子展 2021年 大賞)
- 叶 松谷(陶芸家/京焼清水焼窯元三代目) × 今西 善也(鍵善良房)
- 川邊 りえこ(書道家/美術家) × 垣本 晃宏(ASSEMBLAGES KAKIMOTO)
- 串野 真也(ファッションデザイナー/アーティスト) × 金谷 亘(京菓子司 金谷正廣)
- 森山 未來(俳優/ダンサー) × 杉山 早陽子(御菓子丸)
- ヤノベケンジ(現代美術作家/京都芸術大学教授) × 中丸 剛志(有職菓子御調進所 老松/京菓子展 2022年 京都市長賞 ほか)
- 夢枕 獏(小説家) × 幾世橋 陽子(まめいち/京菓子展 2016年 大賞 ほか)
- ルシール・レイボーズ(写真家/KYOTOGRAPHIE共同創設者) × 髙家 裕典(御菓子司 聚洸)
※五十音順・敬称略

イベント情報

日時
2024年1月28日(日)~ 2024年2月12日(月)
10:00〜17:00(最終入館16:30まで)
場所
[上京区]
有斐斎弘道館
京都市上京区上長者町通新町東入る元土御門町 524-1

地下鉄烏丸線「今出川」駅または「丸太町」駅下車、徒歩約10分
料金
入館券(京菓子と抹茶付き):大人2,500円・学生2,000円(要予約)
入館のみ:大人1,000円 学生500円
本会場限定セット*1:3,500円(要予約)
寄付セット*2:10,000円(要予約)

*1 入館券(京菓子と抹茶付き)と特別限定菓子のセット
*2 本会場限定セットに懐紙、有斎弘道館への寄付を加えたセット
URL
https://issekiikka.kyogashi.jp/
チケット/申し込み
ウェブサイトよりチケットをご購入ください。
https://issekiikka.kyogashi.jp/
主催
公益財団法人有斐斎弘道館
問合せ先
075-441-6662(公益財団法人有斐斎弘道館)
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る