京都市京セラ美術館 コレクションルーム 冬期

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
大正期から昭和期に移り、日本画の表現は大きく変わりました。大正期では抒情的な表現が前面に出た、濃厚な色彩やぼかし、陰影を用いた作品が多く見られましたが、昭和になると、簡潔な線、平明な構図、抑制された色彩の、格調高い画風が流行します。
同時に、これら端正な画風を用いた主題としてよく見られたのが、日本や中国の歴史や古典文学、あるいは古典美術を意識したものです。猪飼嘯谷や梥本一洋、菊池契月をはじめ、京都画家の多くが歴史主題の作品を制作し、また一方で石崎光瑶や上村松篁は古典美術の学習を反映した作品を発表しています。本特集では、昭和前期の日本画を紹介し、その創造の源泉となった「古典」へのまさざしに迫ります。

(画像)梥本一洋≪鵺≫1936年京都市美術館蔵

イベント情報

日時
2023年12月22日(金)~ 2024年2月25日(日)
10:00~18:00
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)、12月28日(木)~1/2(火)
※入場は閉館の30分前まで
場所
[左京区]
京都市京セラ美術館 本館 南回廊1階
京都市左京区岡崎円勝寺町124

https://kyotocity-kyocera.museum/access

料金
一般※1、2
京都市内在住の方:520円 
京都市外在住の方:730円
団体(20名以上):620円

小中高生等
京都市内在住(通学)の方:無料 ※3 
京都市外在住の方:300円
団体(20名以上):200円
小学生未満無料

※1、3 京都市在住の方は住所がわかるものをご提示ください。
※2 京都市在住の70歳以上の方(敬老乗車証等の提示で確認)、障害者手帳等を提示の方およびその介護者1名は無料です。
URL
https://kyotocity-kyocera.museum/exhibition/20231222-20240225
問合せ先
美術館総務課
電話:0757714334
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る