シャガール展2012 ー愛の物語ー

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
1887年、帝政ロシア領のヴィテブスクに生まれたユダヤ系の画家マルク・シャガール。妻を一途に愛し、愛や結婚をテーマにした作品を多く残したことから、「愛の画家」として知られています。サンクトペテルブルグで美術を学んだ彼は、1911年憧れのパリに赴き、キュビズムをはじめとする新しい傾向に触れます。その後、故郷に帰り、1915年ベラと結婚します。再びパリへ戻りますが、第2次世界大戦中に渡米し、そこで最愛の妻ベラを亡くします。悲しみを乗り越えたシャガールは、戦後フランスに戻り、その名声を不動のものとし、1985年南フランスで亡くなりました。
本展では、ロシアの国立トレチャコフ美術館、国立ロシア美術館の全面的な協力を得て、色彩の詩人と呼ばれるシャガールが運命的な出会いをし、生涯にわたって愛し続けたベラとの愛の物語をテーマにした作品群を中心にご覧いただきます。とりわけ、モスクワのユダヤ劇場の壁面制作を任されたシャガールが取り組んだ一連の作品群や、シャガールの代表作である《街の上で》(トレチャコフ美術館)・《散歩》(ロシア美術館)などは必見の作品と言えるでしょう。シャガールの華麗な色彩と詩情あふれる豊かな世界を、存分にお楽しみください。

記念講演会
「ああ、誰がシャガールを理解したでしょうか?
~二つの世界間を生き延びたイディッシュ文化の末裔~」

講師:圀府寺司氏(大阪大学大学院教授)
日時:2012年10月6日(土)10:30〜12:00
会場:当館3階フィルムシアター(定員170名)
無料(ただし、本展覧会入場券〔半券可〕が必要です)
※要申込。

記念イベント「紙芝居 シャガール~愛と自由の翼ひろげ~」
初めての試みとして巨匠マルク・シャガールの生涯を紙芝居で紹介します。文と語りは、これまで細川ガラシャ、松尾芭蕉を取り上げてこられた森山道子氏に、絵はイラストレーターの笛岡法子氏にお願いしました。昔なつかしい紙芝居。大人も子供も楽しんでいただけると思います。ぜひご参加ください。

文・語り:森山道子氏(元小・中学校教諭)
絵:笛岡法子氏(イラストレーター)
日時:2012年10月7日(日)11:00〜11:40
会場:当館3階フィルムシアター(定員170名)
無料(ただし、本展覧会入場券〔半券可〕が必要です)
※要申込。

記念コンサート
「シャガールが愛した、故郷の旋律
~東欧ユダヤ音楽・クレズマー演奏会~」

演奏:クレズマー楽団「オルケステル・ドレイデル」
[樋上千寿氏:クラリネット、解説
大橋祐子氏:ピアノ
高橋延吉氏:ドラムス]
曲目:手拍子のダンス・ヴェイネンディスク・ニグン ほか
日時:2012年10月14日(日)13:00〜14:30
会場:当館別館ホール(定員200名)
※要申込。

申込み方法
往復はがきに住所、氏名(返信面にも)、電話番号、希望イベント名を明記し、 京都文化博物館内「シャガール展関連イベント」イベント係へ。先着順。イベントごと参加者1名につき、 1枚のはがきでお申込みください。

当館学芸員によるギャラリートーク
日時:10月12日(金)、19日(金)、26日(金)、
11月2日(金) 各日とも18:00から行います。
場所:展示室内(事前申込不要)※当日の入場者に限ります

イベント情報

日時
2012年10月3日(水)~ 2012年11月25日(日)
10:00~18:00/火〜木・土日祝(入館は17:30まで)
10:00~19:30/金(入館は19:00まで)
月曜日休み(祝日の場合火曜日休み)(10月22日は開館)
場所
[中京区]
京都文化博物館
〒604-8183 京都市中京区三条高倉 京都府京都文化博物館

http://www.bunpaku.or.jp/info_access.html

料金
大人1300円(1100) 大高生900円(750) 中小生500円(400)
ペアチケット(2000円)
※()の中は前売り・団体(20名以上)金額です
URL
http://www.bunpaku.or.jp/exhi_chagall.html
問合せ先
京都文化博物館
TEL:075-222-0888
FAX:075-222-0889
e-mail:office@bunpaku.or.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る