『DAZZLER』 [Co-program2022カテゴリーB採択企画]

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
社会制度と視覚―「見えなくする技術」をテーマとした展覧会
Co-program2022カテゴリーB採択企画

本展は愛知を拠点に活動する美術家の林修平の企画によるもので、80年代から90年代生まれの若手アーティスト6名によるグループ展です。
タイトルの「DAZZLER」とは「目眩し」という意味。本展では、社会秩序の維持のために不都合なものを見えなくする技術について、「擬態」「迷彩」といったキーワードを切り口に、私たちの社会を「統治」する技術としての視覚に着目するとともに、これを展開し、批判的な視座をとるアーティストの実践を紹介します。


企画:林修平
出展:飯山由貴、木原結花、五月女哲平、永田康祐、林修平、吉田裕亮
デザイン:6:30

イベント情報

日時
2022年11月5日(土)~ 2022年12月10日(土)
10:00-20:00
場所
[中京区]
京都芸術センター ギャラリー北・南
〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

京都市地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩5分
阪急京都線「烏丸駅」から徒歩5分
料金
無料
URL
https://www.kac.or.jp/events/32708/
問合せ先
TEL 075-213-1000
FAX 075-213-1004
E-mai
info@kac.or.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る