Events イベント

グループ展「FOOD PHOTO EXHIBITION」

ジャンル:
美術
形  態:
美術

京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスクでは、2020年7月21日(火)から7月26日(日)まで、2階展示室「花」にて、グループ展 「FOOD PHOTO EXHIBITION」を開催いたします。
※最終日17:00まで

出展作家:安部スナヲ、イヌイジュンタ、梅垣剛司、川又大郎、38ca、シバタマサキ、chuyanyan、永野伸也、YASUNA、山﨑芳樹、yukiko、吉田道秋、LOVE-CO、渡辺義行

さまざまな分野において「デジタル化」の波は大きな変化をもたらした。
写真の世界においても、その変化は非常に顕著である。
かつて「レンズ付きカメラ」が登場したことで、多くの人が写真を撮ることを身近に感じるようになったのではないか。

写真のデジタル化は、それ以上に写真を身近なものにしている。
そしてSNSの誕生。
誰もが簡単に写真を撮ることができるようになり、誰もがその写真を発信することができる世界をもたらした。

SNS登場以前にBLOGにおいて「食べ物の写真」をアップする人たちが少なからず存在した。
日々の記録として、また食べることを趣味とする人はその発表の場として。
そのムーブメントは写真に特化したSNS「Instagram」の登場により加速し、「食事の前にシャッターを切る」光景は、もはや一般的なものといえるだろう。
写真はさまざまな側面を持つが、その第一命題が「記録」であることに異を唱える人は少ないのではないか。

「料理写真」とは、「食べる」という生き物にとって根源的な行為の「記録」であり、「食べる」ことにより生まれる「感動の表現」でもあるのではないか。

本展では出展者たちが「食べること」「飲むこと」を通して得た「感動」をさまざまな手法で表現する。
それは日々の「記録写真」の展示であると同時に、「食」を通して感じ取った「自身の思い」を表現した「私写真」の展示の場でもある。
出展者たちが「食」を通して感じた思いを感じていただけたならば幸いである。

日 時

2020年7月21日(火)~ 2020年7月26日(日)
11:00~18:30

会 場

[東山区]
京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク 2F「花」

京都市東山区堀池町374−2

・交通アクセス
地下鉄東西線「東山駅」より徒歩5分
京阪本線「三条駅」より徒歩10分
京都駅、四条河原町などより市バス5号、46号、100号で「神宮道」下車すぐ

料 金 無料
URL https://kyoto-muse.jp/exhibition/112967
主 催 京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク
問合せ先 080-5988-7720

※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。

© FOOD PHOTO EXHIBITION

© FOOD PHOTO EXHIBITION

Page Top