【KEX】サマラ・ハーシュ 『わたしたちのからだが知っていること』

ジャンル
  • 演劇
  • その他
形 態
  • 公演
  • その他
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2022

身体の知識は誰から何処へ?
ティーンと大人の対話がはじまる


関西在住のティーンエイジャーが演じる本作だが、舞台上に彼らの姿はない。円形に並べられた椅子と何も知らない12 人の観客たち、そして鳴り響く着信音ーー。これは、受話器の向こうのティーンと対話することで舞台が進行する参加型演劇だ。
これまで異なるコミュニティの交差をテーマに作品を発表してきたサマラ・ハーシュ。この作品では、性教育や身体についての知識の形成に着目しながら、セクシュアリティ、老いや死といったトピックについての世代間対話を試みる。ティーンたちが観客に投げかけるのは、「身体について大人に聞きたいこと」という素朴な疑問。大人同士でも気まずくなるような赤裸々な問いかけに、あなたならどう反応するだろう?
ティーンとの対話によって観客たちが出会うのは、身体にまつわるさまざまな政治的・社会的視点だ。そうして舞台上では、大人/子ども、教師/生徒、パフォーマー/観客といったヒエラルキーが解体され、それぞれの立場が交差しはじめる。そこにあるのは、知識や知恵を共有するためのオルタナティブな方法かもしれない。

Photo by Pier Carthew


助成:文化庁文化芸術振興費補助金(国際芸術交流支援事業)/独立行政法人(日本芸術文化振興会)、一般財団法人地域創造

イベント情報

日時
2022年10月1日(土)~ 2022年10月10日(月)
10月 1日 (土)15:30 / 19:00 
10月 2日(日)15:30 / 19:00
10月 6日(木)19:00
10月 7日(金)19:00
10月 8日(土)18:00
10月 9日(日)18:00
10月10日(月・祝)18:00 

〔上演時間:105分〕

※各回定員12名
※上記時間に受付にて集合後、会場へご案内します。途中入場はできかねますので、必ず時間どおりにお越しください。
場所
[中京区]
京都芸術センター 講堂
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

京都市地下鉄烏丸線「四条駅」から徒歩5分
阪急京都線「烏丸駅」から徒歩5分
料金
一般 :3,000円
ユース(25 歳以下)・学生 :2,500円
ペア :5,500円
*当日券は各500円増

※世代間の対話を試みるというパフォーマンスの性質上、20歳未満の方はご参加いただけません。
※途中入場不可。
※パフォーマンス中に使用する電話は、受付にて貸与します。ご自身の携帯電話は演出の都合上お預かりします。
URL
https://www.kac.or.jp/events/32330/
チケット/申し込み
KYOTO EXPERIMENTチケットセンター
電話予約 075-213-0820
オンライン 
https://kyoto-ex.jp
主催
京都国際舞台芸術祭実行委員会
問合せ先
KYOTO EXPERIMENT 事務局
[開催期間中は無休]
Tel:075-213-5839(11:00–19:00 日曜・祝日休) 
Fax:075-213-5849 
Mail:info@kyoto-ex.jp

京都芸術センター
Tel:075-213-1000(10:00–20:00) 
Mail:info@kac.or.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る