【KEX】ミーシャ・ラインカウフ 「Encounter the Spatial — 空間への漂流」

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2022

見えない境界を探る
徒歩、潜伏、遊び


海底に積もる砂を巻き上げながら、前方を見据え、ゆっくりと歩くミーシャ・ラインカウフの後ろ姿。作家がとらえようとしているのは「国境」という不可視の線だ。ここは、イスラエルとヨルダン、エジプト、あるいはジブラルタル海峡のスペインの飛び地セウタとモロッコのあいだ。本作《Fiction of a Non-Entry(入国禁止のフィクション)》は、越境困難な陸路ではなく人の手の及ばない海底で、その境界を実際に跨ごうと歩き続ける作家自身のドキュメンタリーでもある。
また、ラインカウフは東日本大震災直後の東京を起点に、ロシア、モンゴル、アテネ、ウィーン……と移動を繰り返し、各都市の安全性を担う巨大インフラ=地下水路や下水道、シェルターなどに潜ってきた。その暗闇から外の世界を見つめた作品《Endogenous Error Terms(内生的エラー)》も同じく展示される。
現代アートの文脈では、ブルックリン橋に掲げられていた星条旗を白旗に変え、その様子をマティアス・ヴェルムカとともに映像作品とした《Symbolic Threats》が有名だろう。本展では、都市や国家における物理的空間のはざま、大きなコントロールシステムの歪みで遊ぶ作家の、新たな探求をのぞき見ることができる。

《Fiction of a Non-Entry(入国禁止のフィクション)》©Mischa Leinkauf - alexander levy - VG Bild/Kunst

イベント情報

日時
2022年10月1日(土)~ 2022年10月23日(日)
10:00~20:00
※10月1日(土)は22:00まで
場所
[中京区]
京都芸術センター ギャラリー北・南
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

京都市地下鉄烏丸線「四条駅」、阪急京都線「烏丸駅」から徒歩5分
料金
無料
URL
https://www.kac.or.jp/events/32368/
問合せ先
KYOTO EXPERIMENT 事務局
Tel:075-213-5839(11:00–19:00 日曜・祝日休[開催期間中は無休]) 
Fax:075-213-5849 
Mail:info@kyoto-ex.jp

京都芸術センター
Tel:075-213-1000(10:00–20:00) 
Mail:info@kac.or.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る