京都精華大学ギャラリーリニューアル記念展「越境ー収蔵作品とゲストアーティストがひらく視座」

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
  • ワークショップ
  • レクチャー
  • トーク
京都精華大学ギャラリーリニューアル記念展である本展は、既存のジャンルや制度、価値観における「越境」をテーマとし、「ジェンダー/歴史」「身体/アイデンティティ」「土地/記憶」などのキーワードを参照しながら、11名のアーティストの作品を展観する試みです。

過去から今日まで、世界中で地政学上の境界線をめぐる対立や抑圧、秩序の固定化とその崩壊が繰り返されてきました。現在、高度情報化・グローバル化によって人・物・情報の「越境」が日常化し、感染症や環境問題、貧困などの越境的な課題も顕在化しています。一方で、ある集団もしくは個人に固有の慣習や文化、記憶や価値観は、目に見えない境界によって繋ぎとめられ、アイデンティティの構築に結びついています。複雑で緊張に満ちた世界に生きる私たちにとって、時には境界のこちらとあちらを水のように自由に移動し、自分と世界を見つめ直す「越境」の態度が求められるのではないでしょうか。

本展では、京都精華大学が収蔵するシュウゾウ・アヅチ・ガリバー、今井憲一、ローリー・トビー・エディソン、塩田千春、嶋田美子、富山妙子の作品に加え、2000年代以降に活動を開始した5名のゲストアーティストーいちむらみさこ、下道基行、谷澤紗和子、津村侑希、潘逸舟ーの作品を紹介します。出身や世代、表現手法は多様ですが、個人と社会、自己と他者、想像と現実、ジェンダーなどにおける固定的な輪郭をしなやかかつ鋭く揺さぶる11名の表現者が織りなす本展が、私たちのこれからを予感させる複数のしらべが響く場所となること、そしてその響きが多くの方に届くことを願っています。

出品作家:シュウゾウ・アヅチ・ガリバー、いちむらみさこ、今井憲一、ローリー・トビー・エディソン、塩田千春、下道基行、嶋田美子、谷澤紗和子、津村侑希、富山妙子、潘 逸舟
助成:芸術文化振興基金、公益財団法人朝日新聞文化財団、京都精華大学学長指定課題研究費
協力:株式会社ボイジャー
企画:吉岡恵美子(京都精華大学芸術学部教授)、伊藤まゆみ(京都精華大学展示コミュニケーションセンター特任講師、ギャラリーTerra-Sキュレーター)
企画協力:レベッカ・ジェニスン (京都精華大学名誉教授)、萩原弘子 (大阪府立大学名誉教授)
グラフィックデザイン:塩谷啓悟

レクチャーやワークショップ等の関連イベントも実施いたします。
イベント詳細や申し込み方法にはギャラリーウェブサイトをご覧ください。

イベント情報

日時
2022年6月17日(金)~ 2022年7月23日(土)
11:00〜18:00
*毎週日曜日休み
場所
[左京区]
京都精華大学ギャラリーTerra-S
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
京都精華大学 明窓館3F

【最寄り駅】
京都市営地下鉄 国際会館駅から スクールバスで約10分
叡山電鉄 京都精華大前駅から 徒歩すぐ
料金
無料
URL
https://gallery.kyoto-seika.ac.jp/exhibition/220617/
問合せ先
ギャラリーTerra-S
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137京都精華大学 明窓館3階
TEL:075-702-5263
FAX:075-722-5440
E-mail:gallery@kyoto-seika.ac.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る