「新・用の美展―用をあらため、美にかえる(New) NOMAL ART」

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
「ワコールスタディホール京都」にて、京都芸術大学の「新・用の美プロジェクト」による展覧会「新・用の美展 用をあらため、美にかえる (NEW) NORMAL ART」を開催いたします。

京都芸術大学では、現代の「美」を探るプラットフォームとして、学生とクリエイターチームとともに「新・用の美プロジェクト」を立ち上げました。産業革命という社会的パラダイムシフトを受けて、西洋で起きたウイリアム・モリスの「アーツ・アンド・クラフツ運動」、それを受けた柳宗悦による「民藝運動」が日本で起こり、「美」における新しい発見がなされたように、コロナ禍で変化し困窮する今だからこそ、これからのわたしたちの暮らしが求める新しい美のかたち、用の機能の可能性を探ることが重要であると考えます。

2021年5月にスタートを切った「新・用の美プロジェクト」は、「民藝」のリサーチ、生活の中で「美」を感じる心理的な要件や文化性など考察から、京都の伝統工芸の工房、デジタルファブリケーションなど現代のテクノロジーを利用したものづくり、その融合の実践を行う場でのフィールドワークを行ってきました。 そのなかで得た、これまでの工芸における「用」をあらため、新たな「用」や「美」を生み出しながら、使い手のなかで成長するようなものもありうるのではないかという批判的視点から、本展では「空間」「時間」「機能」「見方」の4つの指向性を用いて新たな用の美、あるいは様式を生み出すことを試みました。 本展が「美」や「用」をめぐる新しいプラットフォームとなり、そこから未来シナリオを描くような提案となれば幸いです。

主 催:京都芸術大学ウルトラファクトリー
協 賛:株式会社ワコール、株式会社資生堂
協力:京都信用金庫、株式会社細尾、新工芸舎、MTRL KYOTO/FabCafe Kyoto、長岡銘竹株式会社、土肥板金工業株式会社、かみや民芸店、竹工房喜節、藤原製本株式会社、中田工芸株式会社(順不同)
【ディレクション】 服部滋樹 ミヤケマイ 白石晃一 中家寿之
【メンバー】石川蒼 伊藤瑞 大塚崚太郎 北山菜水 小橋美花 佐藤星那 城井知世 武内小春 谷口雄基 永倉瞭 中森美咲 西川りさ 橋佐古和香 服部亜美 山下龍二

※ご来館時に展示室内が混雑していた場合は、しばらくギャラリーへの入室をお待ちいただくことがございます。予めご了承ください。
※開館状況は急遽変更となる可能性がございます。ご来館前に当館ウェブサイト等にて最新情報をご確認の上、お越しください。

イベント情報

日時
2021年11月10日(水)~ 2021年12月17日(金)
10:00~20:00
※休館日 土曜・日曜・祝日
場所
[南区]
ワコールスタディホール京都
京都市南区西九条北ノ内町6 ワコール新京都ビル1階

京都駅八条口より徒歩7分
料金
無料
URL
https://www.wacoal.jp/studyhall/gallery/event/article153922
問合せ先
ワコールスタディホール京都 TEL:075-556-0236
お問い合わせ受付時間 月曜~金曜 9:30 - 17:00
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る