ホー・ツーニェン《ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声》-KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN

ジャンル
  • 美術
形 態
  • 展覧会
  • トーク
ホー・ツーニェン《ヴォイス・オブ・ヴォイド—虚無の声》 | YCAMとのコラボレーション
VRや3Dアニメを用いて、戦時下の「声」を蘇らせる

シンガポール出身のホー・ツーニェンは、歴史的、哲学的なテクストや素材から、映像作品や演劇的パフォーマンスを発表してきたアーティスト。近年は東南アジアの近現代史につながる、第二次世界大戦期の日本に関心を拡げており、その新作が「京都学派」(西田幾多郎[1870〜1945]や田辺元[1885〜1962]を中心に京都帝国大学で形成された知識人のグループ)をテーマにした映像/ VRインスタレーション。山口情報芸術センター[YCAM]での展覧会に続き、今回、作品テーマと深く関わりのある京都で展示を行う。

作品では主に、京都学派の4人の思想家が真珠湾攻撃の直前、1941年11月末に京都・東山の料亭で行った座談会の記録と、同時代の関連テクストや証言を読み解いていく。結果として、太平洋戦争を思想面で支えたと批判も受ける京都学派だが、ここで行うのは歴史の単純化でも、論理の糾弾でもない。3Dアニメーション、日本のアニメの美学を融合させたVRによって、鑑賞者をアニメーションの登場人物へと同一化させながら、「歴史の再演」を目撃させていく。会場は明治初期に開校し、1931年に改築された旧小学校。「過去からの声」を蘇らせるための格好の舞台装置となるに違いない。

イベント情報

日時
2021年10月1日(金)~ 2021年10月24日(日)
10:00~20:00
※10月1日(金)のみ10:00-21:00
※新型コロナウィルス感染拡大まん延防止のため開館時間が短縮となり、これに伴い開廊時間が変更になりました。
場所
[中京区]
京都芸術センター ギャラリー南、大広間、制作室4、和室「明倫」ほか
京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2

料金
無料
URL
https://www.kac.or.jp/events/30923/
チケット/申し込み
VR体験について
※本展覧会には、VR体験が含まれます。VR体験につきましては、対象年齢を13歳以上とさせていただきます。その他の映像は年齢制限なくご覧いただけます。

※VR体験は一部、日時を以下よりご予約いただくことが出来ます。
https://airrsv.net/hotzunyen/calendar


※予約なしでご来場された場合でも、VR体験は可能です。1階インフォメーションにて整理券を発行します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、予約可能日程が変更になる場合があります。あらかじめご了承ください。

※10月16日(土)、17日(日)とも13:00-15:00、17:00-19:00の間は和田ながら×やんツー『擬娩』公演のため、VRをご覧いただけません。映像プロジェクションはご覧いただけます。
主催
KYOTO EXPERIMENT 京都国際舞台芸術祭 2021 AUTUMN
問合せ先
KYOTO EXPERIMENT事務局
〒 604-0862 京都市中京区少将井町 229-2 第 7 長谷ビル 6F
Tel: 075-213-5839 (11:00–19:00 日曜・祝日休 [ 開催期間中は無休 ]) Fax: 075-213-5849
Mail: info@kyoto-ex.jp
※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。
一覧に戻る