Events イベント

Artificial S5/ 心臓よりゆく矢は月のほうへ:麥生田兵吾展

ジャンル:
美術
形  態:
美術

 Gallery PARC[グランマーブル ギャラリー・パルク]では、2018年9月7日(金)から9月23日(日)まで、写真家・麥生田兵吾による個展「 Artificial S 5 / 心臓よりゆく矢は月のほうへ 」 を開催いたします。

 麥生田兵吾(むぎゅうだ・ひょうご/1976年・大阪生まれ)は主題として「Artificial S」掲げます。この大文字の「 S 」は “Sense=感覚(感性)” ”Subject=主体” あるいはエスは ”Es=無意識” などの複数の意を持ち、「 Artificial S 」とは「 人間の手によりつくられた、人間が獲得し得る ”それら S” 」として位置付けられています。

 麥生田は「 Artificial S 」を1〜5章に分類しており、これまでPARCでは連続4年に渡って各章ごとに展覧会を開催しています。2016年の「 Artificial S 1 / 眠りは地平に落ちて地平 」では、写真と写真、写真と非写真を組み合わせることで『「生」を前景化させ、生と死の狭間にある「今なるもの」に触れる』に取り組み、2014年の「 Artificial S 2 / Daemon 」では、『わたしに内在する原初的なイメージ(=自我)の発見』を、2015年の「 Artificial S 3 / 後ろから誰か(他の)がやってくる 」では、鑑賞者(レンズ)を見つめる無数のポートレートと、鑑賞者の眼差しの交錯に『見る / 見られる、主体と客体の発見と微かな疑い』を、2017年の「 Artificial S 4 / 左手に左目|右目に右手 」では、『「私」の眼差しに交錯する主体・客体の埋没した関係性の発見』をテーマに取り組まれたものです。

 本展「 Artificial S 5 / 心臓よりゆく矢は月のほうへ 」は「死や虚無」をテーマに持つものですが、それは社会的制度に定義される通常化された死ではなく、『「私」のありかを問うことで視覚の世界に折りたたまれたものを思考し想像し、「今=死」を起こさせる』ことを目的に取り組まれるものです。ここに麥生田は「見る(私)という主体を疑うこと」について、「目を閉じてみる」ことを写真によって促します。そして生じる「死」を通して、「私はつくられた私であって本当のわたしはもっと内に、もっと奥にあるのではないか」という「今(現在)」への疑問に触れ、またその先に「生」への希望を探し出そうとします。

 5年に渡って「 Artificial S 」という主題に迫り、その向こうに眼差しを向ける麥生田兵吾の現在を(目を開き・目を閉じ)体験いただければ幸いです。

日 時

2018年9月7日(金)~ 2018年9月23日(日)
11:00〜19:00

月曜日
会 場

[中京区]
Gallery PARC

京都市中京区烏帽子屋町502 2F/3F/4F

地下鉄烏丸線「四条」駅・阪急京都線「烏丸」駅22・24番出口より徒歩7分
地下鉄烏丸線・地下鉄東西線「烏丸御池」駅より徒歩7分
京都芸術センターより北に徒歩2分
室町通・六角通 北東角 室町通側入り口より2Fへ

料 金 無料
URL http://www.galleryparc.com
主 催 Gallery PARC
問合せ先 Tel 075-231-0706 / Fax 075-231- 0703
Mail:info@galleryparc.com

※内容は変更になる場合があります。詳細は各イベント主催者にお問い合わせください。
※チケットや申込みが必要なものは、売り切れあるいは定員に達している場合があります。ご了承ください。

展覧会DMイメージ

展覧会DMイメージ

Page Top