KAB Dialogue インタビュー/対談

Vol.33

インタビュー2015.01.10 UP

AIR in Amsterdam

オランダ国立芸術アカデミー(ライクス・アカデミー)のアーティスト・イン・レジデンス・プログラム

  • レポート:中條永味子

2014年11月29、30日にアムステルダムにてオランダ国立芸術アカデミー(ライクス・アカデミー)のオープン・デイが開催された。ライクスアカデミーはオランダ国営のアーティスト・イン・レジデンス施設として世界から注目を浴びるも、日本で紹介される機会はこれまでになかった。そこで、オランダ在住の筆者が訪れたオープン・デイの様子をレポートする。

オランダ国立芸術アカデミー(ライクス・アカデミー)のアーティスト・イン・レジデンス・プログラム

 オランダの首都アムステルダムにある、オランダ国立芸術アカデミー「Rijksakademie van Beeldende Kunsten(ライクスアカデミー・ファン・ベールデンデ・クンステン、以下ライクス・アカデミーと記載)」は、オランダ美術教育機関の最高峰といわれる施設。オランダを代表する画家のモンドリアンやカレル・アッペルらも、ライクス・アカデミーの出身だ。通常芸術アカデミーと言うと、芸術大学のようなものを想像するが、ここではカリキュラムやプログラムなどはなく、アカデミー独特のスタイルやコンセプト、規則も義務も存在しない。アーティスト・イン・レジデンス施設として、アカデミーの広大な敷地内に個別のスタジオと制作費があてがわれ、アーティストたちは経済的なプレッシャーにさらされることなく、豊かで集中した環境下で独自のプロジェクトに没頭できる。
 ライクス・アカデミーでは、毎年1500名以上の応募者の中から25名を選び、常時約50名の作家が滞在する。セレクト・アーティストの半分はオランダ国外のアーティストで、2014年はカメルーン、カナダ、中国、キューバ、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、イギリス、イラン、イタリア、日本、リトアニア、パキスタン、ポーランド、ロシア、セルビア、スペイン、台湾、トルコ、アメリカ、ベネズエラ、南アフリカ共和国、韓国、スイス、ジンバブエからのアーティストが選ばれている。日本人作家の応募も多く、毎年必ず50名ほどの応募がある。
 施設内には機材の整った各種ワークショップがあり、常時利用が可能。ワークショップは、木工、陶芸、金属があり、各ワークショップでは技術者が常駐し、アーティストたちの試作や研究をサポートしている。アーティストと技術者との協働により、新たな技術や制作プロセスの発見が生まれる事もしばしば。必要に応じて、科学者や特別な技術者たちの協力を仰ぐことも、ライクス・アカデミーのアレンジで可能となる。
 さらに、国際的なアーティストや美術評論家、キュレーターなどから構成される、約20名のアドバイザーが存在する。アドバイザーはレジデンス・プログラムへの参加アーティストの選考審査を担当。選考審査では、作家のクオリティー、創造性のある態度、作家としての発展性について慎重に議論される。滞在中のアーティストたちに指導やアドバイスをするのも彼らの役割。アーティストが話したいアドバイザーを自分のスタジオへ招き、話をする事も出来る。
 このように、文化や政治背景の違う、才能豊かなアーティストたちが、2年間にわたって新しい作品を生み出すべく、ハードとソフトの両面に力を入れていることがわかる。
 外界と遮断された環境の中で、アーティストたちは様々なリサーチや実験、試作を繰り返し、没頭していく。素材や技術を知り、新技術の研究や、異素材のミックスなど、既成概念を超えた試行錯誤によって、制作の可能性を広げていく。そういった意味で、ライクス・アカデミーのアーティスト・イン・レジデンス・プログラムは、創造性を刺激する最適な条件と環境が整っていると言えるだろう。
 さらにライクスアカデミーは、対外的に、アートと異なる技術者との協働を推奨し、大学や美術館、科学的な団体らとコラボレーションしたセミナーの開催も活発に行う。また、世界中の芸術機関とのネットワークがあり、過去のレジデンス参加アーティストたちは後に世界中のアート・フェアへ活発に参加、そして彼らの作品がMoMAやテート・モダン、ポンピドゥーなどの美術館にコレクションされるなど、ライクス・アカデミーのミッションのひとつ「世界レベルのアートのプロの輩出」へも貢献している。

ライクス・アカデミーのオープン・デイ

 ライクス・アカデミーは通常一般に公開されておらず、レジデンス・プログラムの終了後にも展示はない。だが、毎年11月末の2日間「オープン・デイ」が開催され、この期間のみ、誰もがライクス・アカデミー敷地内を自由に見学する事が出来る。1987年から始まった「オープン・デイ」は、今後が期待される作家たちによるクオリティーの高いアート作品が一堂に見られる機会ということで、オランダ国内のアート・ファンが毎年楽しみにしているビッグイベント。参加アーティストにとっては作品のプレミア展示となり、1年ごとの滞在の成果発表の場となる。「オープン・デイ」期間中は老若男女含む数千人もの来場者が詰め寄せ、混み合う。国内のほとんどのアート関係者はもちろんのこと、多くのジャーナリストや、科学者など異業種からの関心も高い。
 今年2014年は11月29、30日の週末に開催され、現在滞在中の49名の作家がスタジオを開放、作品展示やパフォーマンス、映画上映、ラジオ放送などが行われた。さらに「Amsterdam Art Weekend」として、アムステルダム市内にあるギャラリーが一斉に特別展示を行ったり、様々なオープニングやトークショーなどが開催され、オランダ人の多くのアート・ファンが街に繰り出し、自転車で様々なアート・スポットをはしごする、アート一色の冬の一日だった。

rijks1

エントランス

 入り口で「Rijksakademie is here(ライクス・アカデミーはこちら)」と書かれたマップ付案内書を受け取り、2つの建物に分かれたスタジオ巡りを行う。まずはRingと呼ばれる2階のスタジオが並ぶ階から見学スタート。スタジオでの展示はアーティストごとに多様で、シンプルな絵画や写真作品の展示から、部屋全体をインスタレーション作品としたもの、映像作品上映のためスタジオを映画館のようにしたもの、パフォーマンス用に室内をさらに作りこんだものなど。

 Felix Burger (1982、ドイツ)は、スタジオ全体を荒削りで懐古的な空間としたインスタレーション作品を展開。壁には自身が出演する映像作品が流れ、室内中央のテーブルにはコードにつながれた50もの白い石膏の頭部が唐突に、カタカタと口を開閉しながらバッハの「マタイ受難曲」を一斉に歌い出す。

IMG_9766 IMG_9763

 Young Eun Keem (1980、韓国/オランダ) は、スタジオでの身体的な空間の体験と音とを結びつけ、非物質的な要素で空間の再構築を試みる。15分の習作「キャスティング・デュエット」では、観客は彼女のスタジオに招き入れられ、スタジオ外でパフォーマーによって繰り広げられるノック音、歌声、足音などにより、耳を通じてスタジオの空間を再認識していく。

蜀咏悄 1 (30) rijks2

 Hidden Studio(隠されたスタジオ)と呼ばれる大型のスタジオが地階に並ぶ別棟では、Janis Rafa(1984、ギリシャ)が、室内4つの壁の2つで大きく映像作品「Requiem to a Shipwreck, part of Requiem series」を上映。観客は室内に敷き詰められたふかふかの土の上を歩き、壁際に設置された椅子に座って22分の作品を鑑賞する。ギリシャの、日常的でありながらドラマチックな自然の中を、寡黙に儀式を遂行するかのような二人の男。道を走る犬。ストーリーはなく、土地と生と死が映し出される、観客の評価の高かった作品。【ビデオはこちら】

IMG_9794 IMG_9796

 2014年に選ばれたアーティストの一人、有川滋男(1982、東京)は、写真作品「Positioning(ポジショニング)」と、スタジオ中央に映像作品とシルバーのオブジェが配されたビデオインスタレーション「Flashback(フラッシュバック)」を展示。有川の作品は、容易にそれが何であるか認識できないイメージを作成し、脳内での視覚イメージの固定化を遅らせる。見る者にとって、イメージが判別不可能なものとなることで、言語化できないイメージの本質に近づく事が出来る。今回有川は、「場所」、「時間」についてのアイデアをインスタレーションへ落とし込んでいる。
 有川はスタジオにいて、次々に入場してくる観客たちから盛んに質問を受けたりしていた。そこで私も有川にライクス・アカデミーのレジデンスについて質問した。

―オープンデイでの観客の反応はいかがですか?

とても反応がいいです。作品の購入の話も出ています。

―レジデンス参加者は人数が多いですが、作家同志のコミュニケーションは活発ですか?

はい。多国籍の参加者なので、政治的な意見の違いで喧嘩になる事もありました。

―ライクス・アカデミーのプログラムはアーティストへのサポートが充実していて夢のような機会に思えるのですが?

ワークショップを自由に使えたりしますが、今回のオープン・デイを目指してみんなが一斉に作業を進めるわけです。だからワークショップや技術者の取り合いになり大変。しかもアーティストがそれぞれでプロジェクトを進めなければいけないので、言い方を変えれば放ったらかし状態とも言えます。

―アドバイザーたちとも定期的に会えると聞きました。

会えますが、全員とも言うことが違うので、僕としてはみんなの言う事を聞きすぎず、距離を置くようにしています。

有川さんと話して、多くの他のアーティストたちと対等に競い合える、作家としての強靭さを感じた。
 「オープン・デイ」の期間中は多くのアート関係者が足を運ぶ。彼らは毎年、非常に多くのライクス・アカデミー参加アーティストの作品を観ている。日本人作家にとっては、議論をすることが非常に好きなオランダ人へ向けて、自分の作品をプレゼンし、意見交換の場がもてるとてもいい機会となることは間違いない。

ライクスアカデミー/Rijksakademie van Beeldende Kunsten Amsterdam

オランダ美術教育機関の最高峰といわれる国営のアーティスト・イン・レジデンス施設。毎年約50名のアーティストを選定し、リサーチや実験、創作をするための場所を提供している(単年更新、最大2年間)。各アーティストにはそれぞれスタジオが与えられ、創作活動を行うことができ、さらに年間を通してアーティストやキュレーターなどの専門家とミーティングを設けることが可能。滞在制作の成果発表の場として、アーティストがスタジオで作品を展示し、公開する「オープン・デイ」を毎年1回開催している。
http://www.rijksakademie.nl/ENG/residency/

Plofile

中條永味子(ちゅうじょう えみこ)

アムステルダム在住。京都芸術短期大学洋画家修了、大阪での広告代理店勤務などを経て、2000年より渡蘭。文化イベントのオーガナイズを続け、2013年より日本カルチャーセンター・アムステルダム勤務。文化プログラムやアーティスト・イン・レジデンス、日蘭間の文化交流コーディネートを担当。http://www.japansecultuur.nl/
アーティスト・イン・レジデンスはオランダ人向けの京町家AIRと日本人向けの出島AIRの双方向けのプログラムを行う事から、日本とオランダのAIRネットワークやAIR視察に力を入れている。2015年からは日蘭文化交流に
特化した団体「Japan Cultural Exchange」もスタート。

vol.53 対談
vol.52 対談
vol.51 インタビュー
vol.50 対談
vol.49 インタビュー
vol.48 インタビュー
vol.47 インタビュー
vol.47 インタビュー
vol.45 対談
vol.44 対談
vol.43 対談
vol.42 対談
vol.41 対談
vol.40 インタビュー
vol.39 インタビュー
vol.38 インタビュー
vol.37 対談
vol.36 
vol.35 対談
vol.31 インタビュー
vol.30 インタビュー
vol.28 
vol.27 
vol.26 インタビュー
vol.24 対談
vol.23 対談
vol.22 インタビュー
vol.21 対談
vol.20 インタビュー
vol.19 インタビュー
vol.18 インタビュー
vol.17 対談
vol.16 対談
vol.15 インタビュー
vol.14 インタビュー
vol.13 インタビュー
  • ダンスと映像 ―積み重ねた対話の、現在地点
  • Weightless Days
  • 2013.06.15 UP
vol.12 インタビュー
vol.11 インタビュー
vol.10 対談
vol.9 インタビュー
  • 煎じ薬でも治らぬ、板の間と暮らしの公転
  • 鏡世界社
  • 2013.04.16 UP
vol.8 インタビュー
vol.7 対談
vol.6 インタビュー
vol.5 対談
vol.4 インタビュー
vol.3 インタビュー
vol.2 インタビュー
vol.1 インタビュー

> KAB Dialogue 記事一覧へ

Page Top