Information インフォメーション

2020.09.21(月)

お知らせ募集・応募

京都市ふるさと納税×アーティスト応援|創作を途絶えさせない

新型コロナウイルス感染症拡大の影響は、イベント中止や活動自粛など、文化芸術分野にも大きなダメージを与えています。京都市はこれまで独自の企画でアーティストや文化芸術をサポートしてまいりましたが、こうした発表・鑑賞拠点はまだまだ厳しい状況に置かれていると認識しています。

そこで、今回新しいプログラムを始めます。

〔文化芸術活動再開への挑戦サポート交付金〕https://readyfor.jp/projects/kyotocityartproject2020

これは、京都市が、ふるさと納税を通して、アーティストたちや文化芸術の発表・鑑賞拠点はもちろん、市民(国民)や企業の皆さまと共につくる、ウィズコロナ社会の新しいアートを支える仕組みです。

そのような中、今回のクラウドファンディングは、アーティスト、文化芸術活動を応援していただく皆さん、そして本市の三者が一体となってつくり上げるものです。

新型コロナウイルスにより世の中が自粛ムードとなり、アーティストもまたどのように活動すれば良いか、そもそも活動して良いのかと多くの悩みを抱える中で、ウィズコロナ社会における作品の形を模索しているところです。

クラウドファンディングを通して、資金面でのバックアップにつながることはもちろんですが、皆様からいただくご寄付が可視化されることで、アーティストにとっても、今回の企画・活動を応援してくれる人がいると実感でき、創作活動をするうえで大きな励みにつながっていくはずです。

さらに、「自分が応援したアーティストが活躍している姿を見たい」という共感や賛同が生まれ、「これからも応援しよう!」と今後も気にかけてくれる応援者が増えることによって、京都市で活動するアーティストの創作活動がより発展し、文化芸術が息づく社会につながればと考えています。
Page Top