Information インフォメーション

2014.03.04(火)

募集・応募

ビクター・ピンチューク 第3回Future Generation Art Prize 応募者募集



2009年にビクター・ピンチューク財団によって創設されたThe Future Generation Art Prize 賞は、将来の世代のアーティストの方々を発掘し、長期間にわたる支援を目的とする国際賞です。この賞への応募者を募集しています。

18歳から35歳以下のアーティストであれば、どなたでも応募することができます。性別・国籍・人種・作品を創作するため使用メディア等は問いません。

※詳細は以下をご確認ください。
http://futuregenerationartprize.org/jp

The Future Generation Art Prize 賞の受賞者には、10万ドル(約1,000万円)の賞金が授与され、ベネチア・ビエンナーレのパラレル・プログラムとして展示されます。



ビクター・ピンチューク 第3回Future Generation Art Prize
●募集期間

2014年1月13日から4月12日
●応募資格
18歳から35歳以下のアーティスト。性別・国籍・人種・作品を創作するため使用メディア等は問いません。
●審査員
 ビクター・ピンチューク
 リチャード・アームストロング (ディレクター、ソロモン・R・グッゲンハイム財団・美術館, ニューヨーク、アメリカ合衆国)
 エリ・ブロード (創設者、ブロード財団, アメリカ合衆国)
 アンドレアス・グルスキー (アーティスト、Future Generation Art Prize賞のパトロン、ドイツ)
 ダミアン・ハースト (アーティスト、Future Generation Art Prize賞のパトロン、イギリス)
 Dakis Joannou (創設者、DESTE Foundation for Contemporary Art, ギリシャ)
 エルトン・ジョン (創設者、Elton John AIDS Foundation and Sir Elton John Photography Collection, イギリス)
 ジェフ・クーンズ (アーティスト、Future Generation Art Prize賞のパトロン、アメリカ合衆国)
 グレン・D・ラウリー (ディレクター、ニューヨーク近代美術館, アメリカ合衆国)
 村上隆 (アーティスト、Future Generation Art Prize賞のパトロン、日本)
 アルフレッド・パクマン  (ポンピドゥーポンピドゥ・センター国立近代美術館の館長)
 ミウッチャ・プラダ (創設者、Fondazione Prada、イタリア)


■The Future Generation Art Prize 賞
国際的な委員会により選考されたMain Prizeの受賞者(一名)は10万ドルの賞金を授与されます。賞金は二つに分かれており、6万ドルの現金と新作を作成するための4万ドルの賞金です。

■特別賞
特別賞は金銭を与えられるのではなく、アーティストの更なる発展の支援を意味する研修プログラムに参加できる権利を与えられます。以上のプログラムを実行するため、PinchukArtCentreは2万ドルを充当します。場合によっては、担当者の決定の上、特別賞の金額の増加は可能です。
Page Top